あぼいどのーと

インターネット初心者

ワールドカップがおもしろい

ブログめちゃくちゃサボっていたので、とりあえず今日はワールドカップについてざーーっと書いてみる。

Windows10のディスク使用率が100%だった話

あくまでも備忘録的に。 ふだん使ってるノートPCが最近うるさくて熱いのでタスクマネージャーで覗いてみたら、ディスクアクセスがつねに100%だった。四六時中ハードディスクに情報が出入りしているようなもんであり、家に例えれば「毎日が正月並みの忙しさ」…

海外の「ゲーム音楽研究」についてまとめてみる vol.0.01

昨日も言ったけども、僕は自分で納得のいく「ゲーム音楽論」というのを書いてみたい。サウンド分析とか音楽理論といった外的な形式に頼ることなく、あくまでも僕の中にある「ゲーム音楽」の記憶と感触を言語によってありのままに表現したい。「ゲーム音楽」…

書くことがないということを書く

まあ、正確に言えば書くことがないのではなくうまく書けない(まとまらない)のである。 書くべきこと、書きたいことというのはむしろ山ほどある。今日も「納得のいくゲーム音楽論を書こう!!」と思ってアレコレ思案して、その結果いくつかフェンス直撃ツー…

「リトルペンギン」ワインは値段の割にうまい!!

今日も近所のダイエーでワインを物色。「リトルペンギン」という、7~800円くらいの値段のシラーズを購入。アルパカなんかの低価格帯のものに比べるとやや値は張るが、まあ許容範囲。 https://www.aeondewine.com/shop/goods/goods.aspx?goods=A106-00123540…

「ミルクセーキ」の思い出

僕の地元は長崎なのだが、長崎名物の一つに「ミルクセーキ」というのがあって、それなりに有名な?飲み物なので知ってるとか飲んだことあるという人も多いと思う。名前に「ミルク」と付く通り牛乳メインの飲み物で、「セーキ」というのは「シェイク」のなま…

「赤玉スイートワイン」をはじめて飲んだ

スーパーのワインコーナーなんかでは必ずと言っていいほど見かける商品がある。それがこの「赤玉スイートワイン」である。 【100年の時を超えて、今も愛され続けるワイン】サントリー 赤玉 スイートワイン(赤)キング [日本/赤ワイン/甘口/ミディアムボディ/1…

髪の毛は毎日洗わなくてもいいのかも知れない

まずはこちらをご覧ください。(20秒あたりのやつ) 1982-1989 中森明菜CM集 中森明菜ちゃんのかわいいCM集なのだが、その内の花王のシャンプーのやつで彼女がこんなことを言っている。 「信じられる? ティーンの2人に1人は、毎日シャンプーしてるって。…

毒毒毒毒毒毒毒毒毒展 痛(もうどく展2)に行ってみた!! in 大阪

今日は午前中に起きて暇だったので、なんかイベント無いかなーと思ってスマホで検索していたらたまたまこの「もうどく展」というのが見つかった。 www.tv-osaka.co.jp どうやら、世界中から猛毒を持つ生物だけを集めたという一風変わった展示イベントらしい…

文春砲は"悪"なのか!?

また乃木坂46に文春砲がぶちかまされたようだ。 スクープされた当人はもちろんだが、メンバーや家族、関係者、そしてオタクの受けるショックはなかなかのものだと思う。僕自身も、乃木坂にハマリはじめていた丁度その時期に松村沙友理さんの例のスキャンダル…

阿部慎之助、タバスコ、「たんなる食べもの」

今朝の『ズームインサタデー』のジャイアンツコーナーは「俺の勝負メシ」みたいな趣旨でやっていて、要はジャイアンツの選手たちがここ一番で験担ぎとしてなにを食べるのか?というのをインタビューしてまわるというものだった。 いろいろな話が聞けて面白か…

すべての文章はパクリである

僕の趣味のひとつに「耳コピ」がある。既存の曲を聴いて、その構成音を一音一音コピーして忠実に再現したMIDIデータ(楽譜のようなもの)を作成するというものだ。いわば"模写"の音楽版である。 その耳コピのクオリティには結構自信があるのだが、しかし一転…

「人生」というゲームとマニュアル戦闘

(※今回の記事は、メンヘラモードの僕がお酒を飲みながら書く日記のようなものです。閲覧注意。) いつごろか覚えてはいないけども、それまで「自動的にできていたこと」、「あたりまえにできていたこと」が全部できなくなった時期がある。というか、正直に…

今日呑んだお酒 2018.04.08

4月になって新しい商品がいろいろとスーパーに並んでいたので、思わず衝動買い。 まずはサントリーの「海の向こうのビアレシピ オレンジピールのさわやかビール」。 最初みかけたときは「変わったビール並んでるなぁ」くらいにしか思わなかったのだが、手に…

はてなブログへようこそ!

日々の生活、喜びと悲しみ、特別な出会い、ちょっとした考えや思いつきをブログに書き残してください。しばらく続けて読み返したときに、また新しい発見があります。さあ、最初の記事を書いてみましょう。